バナー

iPhoneXの情報は小出しで提供されています

iPhoneXは、今年中に発売が開始されるとされています。


iphoneを発売しているアップル社は、毎年新製品を発表していますが、実際に発売されるまで、製品の詳細は明かさないことで有名です。


今回のiPhoneXに関しても、今年中に発売されることについては言及されていますが、機能やデザインに関しては、ほとんど明かされていません。雑誌やオンラインブログなどのメディアに、アップルの新商品の情報が掲載されることがありますが、どのような経路でその情報を手に入れたのか、解明はされません。



アップル社のこのような手法は、消費者の期待感を高め、売上を増加させるためにとられています。
情報を小出しにして、期待感を高めながら、どれだけ使いやすくて面白いものかを伝えていくこの方法は、プロダクトローンチという名前で知られています。


プロダクトローンチ自体は、オンラインビジネスをしている個人事業主などにも取り入れられており、珍しくはありません。

しかし、アップル社の場合は、資金力や、メディアとの関係の深さから、個人事業主とは比較にならないほどの、大きなキャンペーンで行われています。

iPhoneXの情報は、いまだにほとんどが秘密のままです。



しかし、アップル社はすでにプロダクトローンチに入っており、消費者の期待も大いに高まっています。iphone8も、今年中に発売されるとされており、iPhoneXと共に、非常に大きな売上になると予測されます。
スマートフォンとして有名なiphoneですが、普及率という点では、ライバルに位置しているアンドロイドの方が、明らかに高い状態が続いています。
しかし、iphoneの新作が発売される時には大きな盛り上がりを見せ、店頭には行列が並びます。新作として2017年中の発売が予定されているiPhoneXに関しては、公式発表はありませんが、機能や外観について、オンライン上で盛り上がっています。


そして、噂の域を出ませんが、iPhoneXは遠隔充電に対応している可能性があります。
遠隔充電では、壁についたコンセントに充電器を設置していれば、4.5メートル程度離れた所からでも、充電が可能であるという新技術です。

しかし、最近の情報によると、数メートル離れていても充電できるような技術は、使用されないことになったと、ファンの間で情報が流れています。iPhoneXに使われる充電技術は、充電パッド式というものの可能性があります。

この技術では、iphoneにコードを繋げる必要はありませんが、充電するためには特定のパッドの上に、iphoneを乗せる必要があります。

iphoneシリーズでは、新作が発表されるごとに、画期的な新技術が使われることが多く、使用者を喜ばせてきました。今年中に、新作であるiPhoneXとiphone8が発売される予定で、どのような技術が利用されているかは、まだ分からない状態です。



ただ、新技術の使用がなくてもしても、ファンの期待は大きく、発売と同時に大きな販売量になることが、予測されています。