バナー

早く詳細が知りたいiPhoneX

2017年の秋ごろに登場するといわれているiphoneの新しいモデルですが、iphone8とiPhoneXという名前になるであろうことが言われているものの、2017年7月の時点においても正式な発表はされておらず、ネット上にも様々なウワサが飛び交っています。

いったいどのような機体になるのかと、世界中のiphoneファンが注目しています。
iphoneの現行モデルはiphone7とiphone7plusです。

iphone7は、1つ前の世代のiphone6sから引き続き4.7インチのモニタを搭載したモデルで、従来のイヤホンジャックを廃止し、代わりにBluetoothタイプのヘッドホンをメインで使用するようにしたり、ステレオスピーカーの搭載、カメラの性能の向上などを行い、基本チップにA10Fusionコアを採用することで処理速度を2倍程度に高めています。



そして、iphone7plusはモニタを5.5インチに大型化したモデルとなっています。
iPhoneXに関しては、2017年7月の時点で正式な発表がされていないので、まだ確定した情報はわかりませんが、チップセットにはさらに進化したA11チップが採用されるのではないかといわれています。



他の噂としては、これまでiphoneでは採用されなかったワイヤレス充電に対応するのではといわれていたり、iphone8は年内には間に合わず、年内の登場はiPhoneXとiPhoneXのみになるのではといったことが取り沙汰されています。

iphone7ははじめて防水の機能を持ち発売されていますが、iPhoneXはさらにその保護等級があがり、その内容は万一水の中に水没させてしまっても30分間は耐えることができるレベルというようになっています。


このような防水機能を持たせるためにはイヤフォンジャックを廃止する必要があり、ワイヤレスイヤフォンということになります。


iPhoneXではゲームなどのアプリを安定して使用することができるようにCPUの性能も向上しています。様々なゲームなどのアプリも快適に動作するように考えられているということと、ディスプレイも有機ELに変更となります。

有機ELになることでより高画質でこれらアプリを利用することができるようになるということと、電池の消耗を抑えることができるのでバッテリーも持ちもよくなります。


iPhoneXにはワイヤレス充電という方法も考えられており、その装置をもっていることで半径1メートル程度の範囲に電力を送って充電することができるという機能です。



本体はこれまでアルミが使用されていましたが、ここにもガラスが使用されるということや新色もついかされるということなど見た目にも綺麗で高級感のあるボディになると考えられます。

また認証方法もこれまでの指紋認証以外に虹彩認証という目で認証するという方法もあり、これらの機能からホームボタンも廃止されるということもあります。


CPUの性能アップや画面、ワイヤレス充電などの新しい機能が期待できます。