• オールインワンはエイジングケア化粧品に不向きか

    オールインワンタイプのエイジングケア化粧品もたくさん出回っていますが、極端にデリケートな肌質でない限りはあまりおすすめできないようです。
    オールインワンタイプのエイジングケア化粧品は、1本で化粧水や乳液、クリームなど多機能を備えているところが魅力です。



    ただ、浸透率はあまりよくないものが多いため、加齢の影響が出ている肌は化粧水や乳液、美容液、クリームなど1つ1つのスキンケアプロセスを丁寧に辿った方が効果が出やすいと言われています。なぜなら、スキンケアで真の効果を得るためには、塗る順番や間隔も重要だからです。
    化粧水の大事な役目は水分を補給することです。



    そのため、お風呂上がりなどまだ汗がたくさん出ている時にざっと塗ってすぐに乳液などで蓋をしてしまうと、水分がしっかり吸収される前に油分で覆われてしまいかねません。


    保湿効果が高いエイジングケア化粧品の化粧水を、汗が引くまで何度も重ね塗りしたあと、乳液やクリームで油分を足して蓋をするのが正しい加齢肌のお手入れ方法です。



    加齢肌は水分の蒸発が激しいために、普通のオールインワンタイプの化粧品では補い切れない可能性があります。
    便利さだけで化粧品を選ぶのは賢い選択とは言えません。
    ただしあまりにも肌が弱っている場合、何度も肌に触れることで皮膚が疲弊してしまう恐れがあります。


    そんな時はさっと塗るだけで水分も油分も深部まで浸透するような吸収率が良いオールインワンタイプのエイジングケア化粧品を頼りましょう。